会社概要
 
 
社長あいさつ
 
 


プロフィール 株式会社 村上化学研究所 

代表取締役 村上太一 昭和48年2月生まれ41歳 ものづくりの町大阪府東大阪市で石油や植物から作られた溶剤を使ってオフセット印刷機用のインキの洗浄剤やエッチ液と言う添加剤などを製造している3代目経営者です。
多くのお客様に愛されておかげ様で60年以上も経営を続けることができています。 ◆私が得意なこと 「何かちがうねんなぁ~」「これ何とかなれへん?」
というお客様の違和感を
「何とかしたい!!」
という私の熱い思いで
「そう、これっ!!私の求めていたのは、これやねんっ!」
という喜びに変えるのが得意です。 それができる理由は
お客様のお話をじっくり丁寧に聴かせて頂くからです。 オーダーメイドでいろいろなインキ洗浄剤販売を通して お客様から
「村上さんの商品は汚れがよく落ちるので、お客様がすごく喜んでいたわ~」
「オーダーメイドなのに素早く対応してくれて、ありがとう!」
「インキもよく落ちるし、独特の溶剤臭ではなく良い香りがするので、使いやすい!」 などの喜びの声を多く頂けるようになってきました。  
◆実は、自分に対して自信がありませんでした◆ 35歳の時に会社を継いだのですが、
自分に自信がないし
誰からも嫌われることなく、無難に生きるには
「余計なことはしないで、あたりさわりなく生きたほうが良いはず」と思い込んでいました。 また会社を継ぐ覚悟もないままに継いでしまったので(ある意味ポジティブかも?) 自分がやりたいことは何だろうか? 経営者って一体何をしたら良いのか?と分からないことだらけで 「う~ん」と首をかしげ悩んでいるだけで、行動は何もしないという日々でした。  
◆私が変わることができた「きっかけ」 そんなどうしようもない時にであったのがコーチングです。 コーチングを受けていくことで徐々に自分の考え方や行動が変わって行きました。


そこで、気づきました。
誰からも嫌われないようにと思って人と接するのではなく、
ありのままの自分を出すことが 好きになってくれる。
応援してくれる方が多いんだということに気づきました。 その後コーチング自体を自ら学び コミュニケーションにおいて
「相手の話を聴く」ということの重要性を再確認して お客様の要望をじっくり聞かせて頂き
お客様が求めていることを 表面的な理解ではなく
深く理解して オーダーメイドのインキ洗浄剤を作ることができるようになりました。 オーダーメイドのインキ洗浄剤を作ることができ お客様のお喜びの声が
徐々に増えてきました。 ◆自分でも意外だった「聴く」ことの効果◆ 私が「聴く」ことを大切にしだしたことで 洗浄剤の販売のみならず 販売店を通してですが、お客様の現場でのお困りごとの相談の数も増えてきています。 今では洗浄剤だけではなく、その他の洗浄剤(印刷機は種類にもよりますが4か所ぐらい洗浄するところがあり、その個所に応じて専用の洗浄剤があります。)や添加剤のことでも相談していただけるようになりました。 自分の声を生かした商品ということで、お客様にも喜んでいただけているようです。 お客様のことを
より深く理解して それをお客様にとって
より最適な商品開発に活かしていく。 このサイクルを回していくことで
お客様との信頼関係も深まっていることを実感しています。 これも
「お客様の思いを聴く」ことを
大切にしてきた効果だと感じています。  
◆今後に向けて◆
経営者としてより多くの人から応援いただきながら もっとお客様に必要とされる会社になるべく お客様の声を「聴く」ことを重要視して これからもお客様の側に立ったものづくりにこだわっていきたいと思っています。
 
会社名 株式会社 村上化学研究所
所在地 〒577-0065 

大阪府東大阪市高井田中3-11-17

TEL(06)-6789-6661 

FAX(06)-6789-8253
設立 昭和10年4月
資本金 1000万円
代表者 村上 太一
事業内容 印刷材料製造販売
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行 東大阪支店

大阪東信用金庫 東大阪支店
従業員 4人
 


会社全容

 
 

Copyright(C)2014 Murakami-Kagaku . All rights reserved    v7.4.13

▲ページトップへ