ローラー・ブランケット洗浄剤
 
商品名称・画像 特徴 使用方法
ブランエース
高性能インキ洗浄剤 ブランエース
 油性・UVインキ対応

「1,2ジクロロプロパン」「ジクロロメタン」を使用せず有機則・PRTRにも該当しない安全・安心な商品です。
インキを素早く落とし、乾燥スピードもあり、臭いも抑えたものを開発いたしました。

また、ブランエースをベースとしてお客様の使い勝手に合わせオーダーメイドで洗浄剤をお作りしますので、気軽にご連絡ください。
 

 スタークリン
インキローラー・ブランケット及び圧胴の洗浄液で、エマルジョン型洗浄液なので、洗い油や水を交互に使って洗浄する必要がありません。また、紙粉の除去にも非常に優れています。また、インキローラーを傷めることもございません。  
 ミラクリーン
 油性・UVインキ対応

版面・ブランケット・ローラー洗浄に全て使用でき、すぐれた洗浄効果を発揮します。
不燃、速乾性で身体にやさしい製品です。
ブランケット洗浄では、インキを落し、紙粉、ガム等を一度で拭き落せます。
版面洗浄では、版面を傷めることなく、洗浄出来ます。※ブランケット洗浄した後直ぐに版面洗浄にとりかかれます。
インキローラーの巻取りでは、ミラクリーンだけでインキ落とし、紙粉等を除去できます。

  〔適用法令〕
有機則・PRTR該当
ミラクル ブラントップ
ブラントップで毎日ゴムブランケットを洗浄すれば、ブランケットの表面はゴム弾性を回復すると同時にゴムの表面に感脂力を与え著しく印刷適性が向上します。
ミスプリントの消去液としてまた活版、オフセット印刷、特殊印刷、製版においてガソリン、アルコール等の発火危険物の替りに洗浄及び感脂力回復液の常備品としてすばらしい効果があります。
ブラントップを布等に含ませてゴムの表面を柔かく拭き込むだけで充分です。
日常使用中の洗い油に、このブラントップを15~20%添加すれば洗浄力はより一層向上します。
ブランケットの凹み傷は、ブラントップを筆等でその箇所に塗り込むかまたは、綿に浸み込ませ凹所へ貼りつけて下さい。素早く復元します。
ゴムローラーその他の箇所への付着インキの洗浄剥離にも効果があります。

(不燃性・第二種有機溶剤)

 アルファ クリーン
 油性・UVインキ対応

ゴムブランケット・ゴムローラーの本来の弾性を保持し得るように、添加された老化防止剤が有効に働きます。
ゴムブランケット・ゴムローラーのグレージング現象(ゴムローラーのつるつるの状態)を取り除き、インキ転移性を向上させます。
特殊な浸透効果により、ゴムの微細な目から、紙粉、ガム、インキ、スプレー粉等の汚れを取り除きます。
刺激臭のない水溶性クリーナです。
 インキの「のり」が悪い時、機械を停めた時、α―クリーンをウエスに含ませ、ブランケットを拭き込んで下さい。グレイズと汚れが落ち、インキの転移性が向上します。
作業終了時にα―クリーンでブランケットを拭き込んでおくと、ゴム本来の弾性を回復させ、ブランケットが再生、長持ちします。
ローラー色替の時、ローラーにα―クリーンを均一にたらし、インキを巻き取って下さい。インキ、紙粉、ガムなどが浮き上がりまので、水で洗い流して下さい。

  〔適用法令〕
有機則・PRTR該当
消防法 第4類第2石油類
 アルファ クリーン エコ

1L×12本
 油性・UVインキ対応

ブランケット・ゴムローラーの本来の弾性を保持し得るように、添加された老化防止剤が有効に働きます。
ブランケット・ゴムローラーのグレージング現象(ゴムローラーのつるつるの状態)を取り除き、インキ移転性を向上させます。
特殊な浸透効果により、ゴムの微細な目から紙粉、ガム、インキ、スプレー粉等のよごれを取り除きます。刺激臭のない水溶性クリーナーです。
  〔適用法令〕
有機則・PRTR非該当
第4類第2石油類

 ブランコート
 ゴムブランケットの表面が凹んだ時、瞬時にして回復させ、印刷の継続を可能にします。
対酸性の可塑剤ですので、抜群の効果を発揮します。
ゴムブランケットを傷めたり、印刷適性を損なったりしませんので、安心して御使用下さい。
安全な溶剤を使用しておりますが、目・顔には触れないように注意して下さい。
 容器についているハケに溶液をつけ、ブランケットの凹みの部分に充分に塗って下さい。
数秒してから、ウエスで拭きとって下さい。
それだけで印刷の継続を可能にし、作業の中断を防止します。

 ミラクル モルクリン
 油性・UVインキ対応

 水棒のインキ汚れを3倍のスピードで落とします。
水溶性ですので、水洗いは1・2回で充分です。
水棒に残ったり、版にインキが乗らなかったりすることは絶対にありません。
水棒を痛めずふっくらと仕上げ、長持ちさせます。

(危険等級Ⅲ)
 水棒にモルクリンを少量かけます。
タワシなどで水棒全体をムラなく洗いインキを充分に落とします。
水をかけながらタワシなどで全体に洗い流してください。
ヘラ状のもので水棒の余分な水分をかすりとってください。

※ブランケット・ローラークリーナーとしても効果は抜群ですので、ぜひ一度お試しください。

 〔適用法令〕
第三種有機溶剤
(石油ナフサ)
第四類第二石油類

 ミラクル モルクリン エコ
 油性・UVインキ対応

 水棒のインキ汚れを3倍のスピードで落とします。
水溶性ですので、水洗いは1・2回で充分です。
水棒に残ったり、版にインキが乗らなかったりすることは絶対にありません。
有機溶剤の規制を完全にクリアーした公害対策品です。
水棒を痛めずふっくらと仕上げ、長持ちさせます。

 
 水棒にモルクリンを少量かけます。
タワシなどで水棒全体をムラなく洗いインキを充分に落とします。
水をかけながらタワシなどで全体に洗い流してください。
ヘラ状のもので水棒の余分な水分をかすりとってください。

※ブランケット・ローラークリーナーとしても効果は抜群ですので、ぜひ一度お試しください。

  〔適用法令〕
有機則・PRTR非該当
第4類第2石油類

 ハイクリーン
 油性・UVインキ対応

モルトンロールレス上に付着したインキを簡単にすばやく除去し、均一な水上がりが確保できます。
モルトンロールレスを洗浄することにより、親脂性物質が除去され、同時に表面の親水化処理が行えます。
ウエスまたはスポンジにハイクリーンを含ませ、水元に近いモルトンロールレスから順次、1本ずつ表面を拭き、インキ汚れを除去します。
洗浄後、モルトンロールレス上の液が乾燥してから始動して下さい。

  < 注 意 >
ハイクリーンは刷版のレジストを溶かすことがありますので、刷版の上に液をこぼさないようにして下さい。
冷暗所にて保管して下さい。
ハイクリーンが手についた場合には石鹸で洗い落として下さい。

  〔適用法令〕
有機則該当
消防法 第4類第2石油類

 ハイクリーン・エコ
 油性・UVインキ対応

モルトンレスロール上に付着したインキを簡単にすばやく除去し、均一な水上がりが確保できます。
モルトンロールレスを洗浄することにより、親脂性物質が除去され、同時に表面の親水化処理が行えます。
 
ウエスまたはスポンジにハイクリーンを含ませ、水元に近いモルトンロールレスから順次、1本ずつ表面を拭き、インキ汚れを除去します。
洗浄後、モルトンロールレス上の液が乾燥してから始動して下さい。

< 注 意 >
ハイクリーン・エコは刷版のレジストを溶かすことがありますので、刷版の上に液をこぼさないようにして下さい。
冷暗所にて保管して下さい。
ハイクリーン・エコが手についた場合には石鹸で洗い落として下さい。

  〔適用法令〕
有機則・PRTR非該当
第4類第2石油類

 UVクリーナー
 UVインキ専用の洗浄剤で、ゴムローラー・ブランケット・PS版の版面のインキ落としに使用することができます。
サラサラで透明な洗浄剤です。
 

 ローラーフレッシュ
 油性・UVインキ対応
 
ゴムローラーの表層に入り込んだグレーズ、インキ、親水化物などの除去に抜群の効果を発揮します。
インキローラーに発生したローラーストリッピング現象の解消に最適です。
洗浄性を考慮した軟質特殊微細コンパウンドを採用し、仕上げ洗浄が容易で、コンパウンド残りの心配もありません。
トラブルの解消は同時にインキローラーの初期化し、インキの転移性が回復・向上に効果を発揮します。
洗浄成分に、植物系油を100パーセント使用し大豆インキの相性とも抜群です。
本製品はオペレーターの意見やアイディアを取り入れながらテストを繰り返したことで非常に扱いやすい商品になっています。

 労働安全衛生法:非該当
 PRTR法  :非該当
 消防法    :非該当

1.インキローラーのインキを洗浄剤
  (洗い油)で洗浄してください。
2.ドクターをはずして本製品をインキ
  ローラー上に棒状に塗布し、2~3
  分程度ローラーをアイドリングして
  ください。
3.それから10分程度高速で印刷機
  を回してください。
  (インキローラの状態次第では
   30分ぐらい回すことも必要です)
4.仕上げに、ドクターをかけ洗い油
  で洗浄してください。

※ ゴミ取りローラーの付いている
  印刷機でも使用可能です。

 カルシウム除去剤
上質、マットコート等の紙をよく使用されていると、これらの紙が湿し水とあたることで炭酸カルシウムが発生し、これが原因での印刷トラブルがよくおこります。
炭酸カルシウムがインキローラー上に発生するとインキ乗りを悪くしてしまいます。

※洗浄時には特有の煙も出ないのでお使いやすいです。
  〔適用法令〕
有機則・PRTR非該当
第4類第3石油類

 




 
Copyright(C)2014 Murakami-Kagaku . All rights reserved v7.0.7

▲ページトップへ